mariarose-mito

記事一覧(13)

スタッフブログ④

7月下旬にご来店されたお客様で「糖尿病」の糖度が高く何をやるにもやる気がしない。体も痛く自由が効かなく仕事をしながらなので、とても辛い症状だそうです。食事などを気をつけても糖度が下がらず薬が増えるばかり・・薬が嫌いな私・・どうにかしたいと悩んでいたときTVやメディアでも水素吸引で糖尿病が治ると聞いて、水素についてたくさん調べてみたところ・・水素吸引は、様々なカラダの不調、あらゆる病気・老化などに効果があり医学界でも注目とかいており一度体験をしたいとおもい茨城で扱っている店舗を検索してみると水素サロンのマリアローズさんしか、扱っていないとのことでご来店されたお話をいただきました。体験してから3週間目となりましたが、週に2回、2時間の吸引をしています。「最近、身体がだんだんと軽くなり、疲れもなくなるほどスッキリ!!体温もあがったのか?ポカポカが続き代謝が上がった感じがする」など一番の驚きが・・「8月入って検診だったのですがお医者様もびっくりするほど糖度が下がっており薬の量がすくなくなりました!!ありがとうございます!」と、嬉しいお言葉をいただきました!!仕事も休まず復帰できるようになり少しずつ前の生活に戻れることができ私たちもとっても、嬉しいです\(^o^)/

スタッフブログ②

スタッフブログ

こんにちは\(^^)/水素吸引サロンのマリアローズです。湿度も高く毎日、ジメジメした天候ですね。今日も水素サロンマリアローズではたくさんのお客様がご来店しております!!最近、TVや雑誌にも「水素」のキーワードが多くなりましたね・・そんな中、水素サロンマリアローズでは5月に導入しました「水素吸引」今話題の「水素吸引」水素はサプリや水素水などの「飲む時代から」「吸う時代へ」取り入れているなか・・実は、水素サロンマリアローズでは、50人以上のお客様が体感し、体のあらゆる不調や病気を改善しているお客様が増えています。「40年間、アレルギー症状がひどくアレルギーを止めるお薬を飲んでいたお客様が、3回の水素吸引で毎日、欠かせなかった薬を1ヶ月飲まなくてもいられるようになったそうです!その後も、症状がなく過ごせるようになられたそうです!とても、喜ばれていました!」とても!嬉しいお言葉ですね!!最近、多いのが「体の調子があまりよくないので・・」と、ご予約せれる方が多いです。体験されたお客様は水素吸入後は体の変化を感じていただけているようです。私たちスタッフも・・・毎日、一人一人のお客様の体の不調が改善し、元気にお過ごしいただきたいですo(^▽^)o是非、お悩みの方は体験してみてください!!

水素吸引Q&A

Q.水素は安全ですか?A.当店のサロンの水素吸引は、水を無味・無臭で副作用もありませんので安心して吸引できます。Q.吸引時間はどれくらいですか?A.最短60分は吸引して頂きます。長ければ長いほど効果は表れます。また、リクライニングチェアでリラックスした状態の中、ゆったりと吸引して頂きます。Q.吸引中や吸引後に尿意をもようしますか?A.水素と活性酸素が反応すると水(尿)になるためです。体外に排出する大事な作用のため、吸引中でも我慢せずにトイレに行きましょう。Q.若返り・美白などに効果がありますか?A.しみ・しわの主原因は活性酸素で、水素を吸引することにより、その活性酸素を除去し細胞が若返ります。個人差はありますが、継続的に吸引することで、10日間程でお肌がツヤツヤしてくるのを体感できるでしょう。Qダイエットの効果は?A.水素は脳内細胞のミトコンドリアに直接働きかけ、脳からの指令を正常化し若返らせます。若い時にいくら食べても太らないのは、ミトコンドリアの働きが活発で、脳からの指令により過分・余分なものを排出する事ができる為です。ところが、加齢とともに、ミトコンドリアの働きが衰え、脳からの指令が集まると、不必要なものを体内に残るために太るのです。水素は、そのミトコンドリアの働きを活性化する為、ダイエットの人は痩せ、逆に痩せている人は適正な体重に戻ろうとします。Q腎臓病を患っており、人工透析を行っておりますが、水素吸引の効果はどのくらいですか?A.週2~3回、1回2時間吸引していただくと、透析による脱力感等の副作用が軽減され非常に効果があります。Q.ガンの治療中なのですが、抗がん剤と併用して問題ないですか?併用しても問題ありません。水素は薬でなく、人体の自然治療能力を補助する療法です。多量に吸引しても人体に無害で、副作用もありません。白血球のサポートするためにも、定期的に吸引なさることをオススメします。Qどのくらいで効果を感じられますか?A.吸引は最低1週間に2回の吸引が望ましいです。効果は、個人差がございますが、軽い症状であれば水素を吸引して数日で効果を感じられる場合があります。慢性的疾患でも長時間の吸引で改善効果を得られるでしょう。

症状別治療例・好転例その②

【子宮体がん】(49歳女性)子宮がんの治療は、初期でも全摘出というのが一般。放射線治療などは行なわれない。手術がどうしてもしたくなく、水素吸引を初めて何回目かの吸引の時、」2時間のうち3回もトイレへ。アレルギー体質で湿疹がひどかったが、肌が綺麗になりシミもなくなる。たちくらみ、めまいの持病もいつのまにかなくなる。半年後は細胞診5が3Aに。【パーキンソン病】(70歳女性)歩くたびに転んでいたが、1回の水素吸入を毎日、6週間続けたら、転ばなくなった。【前立線肥大】(65歳女性)小水がでなくて苦しんでいたが、水素吸引を3日間行ったら小水がでるようになった。【リュウマチ】(66歳女性)リュウマチの痛みで朝目が覚める。寝返り打つと足が痛く、歩くのもままならない。常に体が痛いので、痛みを和らげるために薬に頼る。水素吸入の1回目、始める前にトイレに行っていたのに、尿意をもようし、トイレに行く足がふらつかず、眼もスッキリしてよく見えた。その後、3ヵ月続けたら鎮痛剤不要。【手の痛み・足のむくみ】(50歳女性)6年以上もの間、手の痛みに悩まされ、湿布をしないと眠れない状況に。リュウマチでわなく、仕事で30キロの荷物を運んだためである。水素をすったあと、この症状が出ず、むくんで像のようだったあしが、高校生の時のようにスッキリ。肌も綺麗になり、シミが消え体重が適正に一番現れやすいところから変化がおきて、ストレスが暖和。最後に患部が改善され良循環がおきて病気改善。【重度喘息】(30歳女性)2~3日毎に夜中に喘息発症、月に1~2度は薬でも治まらず救急車を呼ぶ。週に3回吸引、3週間後ぐらいから症状軽くなる。1ヶ月後、喘息の症状はなくなる。【アトピー性皮膚炎】(33歳女性)鼻炎がひどく、さらに喘息になり、医師の処方の薬のせいか、今度は人前に出れないほどアトピーになる。水素吸引を始めると、最初症状がさらにひどくなり、体中から水がジュクジュクとでて火脹れになったが1日おきに水素をすって、1週間ほどでそれが収まり、アトピーと気づかれないくらい人前に出れるようになった。【花粉症】(40歳女性)鼻をかみすぎて、鼻の周辺が赤くなる。鼻をかむ回数がへり、始まって1ヶ月後花粉症の症状は認められず、あらゆる花粉の症状がなくなりマスク不要。【帯状疱疹】(56歳女性)頭に痛痒さを覚え、次第に痒さよりも痛みの方が強くなり、針でチクチク刺されるような感じがしてきた。病院へ行くと、帯状疱疹が進んでいて、眼が失明する恐れがあり、痛みも後遺症になるかもしれないといわれた。毎日眼科に通うが良くならず、友人の話で吸引治療で病を改善された例があることを知り、試す。2時間で痛みが和らいだ感じになり、3.4日で治り再発もしていない。【突発性難聴】(40歳男性)仕事をしている最中、突然、左耳が聞こえなくなった。耳鳴りもするので総合病院へ。そこで、左耳全域の聴力低下と診断されてステロイド剤を処方するが改善しない。最初は親の勧めを断っていた水素吸引を始めた。すると、吸引を3日続けたとき、突然視力を感じた。医者にも報告したが、今まで診てきた3000人もの患者の中で初めてのケースだ。と言われた。【肝炎(C型)】(55歳男性)週に2~3回程度の吸入3ヶ月後、肝数値平均になる。顔色も良く食欲もあり、体が軽く動きやすいようになる。

症状別治療例・好転例その①

症例ですが、こちらの「病気がよくなる!奇跡の水素革命」という書籍より抜粋させて頂きます。【脳梗塞】(60歳女性)意識をなくし倒れ、2ヶ月間入院。4回検査するも疾患部位を特定されることなく退院。後、歩けない状態が続く。吸入開始から7回目から歩くようになり、13回目は体調、顔色よく、経過検診でも異常は認められず。【重度アルツハイマー型認知症】(76歳女性)1年前から症状が認められ、現在は自力で立ったり座ったりする事ができない状態。排便・食事は要介護。会話は声も小さく何を言っているのかわからない程不可能。吸入1時間を週に3回行う。吸入を始めて7回目、介護なしで自力で座れるようになる。3ヶ月後、会話もできるようになり、4ヶ月後には食事は自力で、排便は家族に訴えるまで回復。【脳腫瘍】(55歳女性)5センチの腫瘍があったが、毎日2時間の水素吸引を12週間続けたらところ、だんだん小さくなり消えた。【高血圧】(61歳男性)4年ほど前、常時220ぐらい血圧がもっと高くなり、10日ほど入院。半年後、突然尿がでなくなり、人工透析。水素吸引を人工透析の前に行うと透析が苦にならない。今では血圧が156で安定し、トイレの回数も量も増え、水素吸引を続けてれば、人工透析の回数も減るようなきがする。【糖尿病】(55歳女性)(60歳男性)血糖値300が、1回2時間の水素吸引を毎日2回続け、1週間で110に下がる。血糖値1000が、1回2時間の水素吸引を毎日2回続け、16週間たった結果200に下がった。【大腸がん】(61歳女性)何年もの間、下痢と便秘、さらに下血があり、検査の結果大腸がんと診断され手術をした。術後、抗がん剤を使用しないと余命8ヶ月と言われ、抗がん剤を使用。しかし、副作用でてがピリピリし、床に足をつくこともできなくなる。水素吸入をしている友人から話を聞き、吸引を始めると1ヶ月で薬の副作用は消え、体に元気がみなぎるようになり顔色も良くなる。【子宮がん】(40歳女性)腫瘍マーカーCA15-3の数値が47が、1回2時間の水素吸引を毎日2回、16週間続けた結果、27に下がった。【膵臓がん】(57歳男性)毎日2時間の水素吸入を2週間続け、小水時の痛みが嘘のように消えた。【乳がん】(40歳女性)1回2時間の水素吸入を毎日2回16週間続け、腫瘍マーカーCEAの数値120.5が12.5に。【前立線がん】(70歳男性)腫瘍マーカーPSA値が基準上限4.0を大きく上回る108と診断、さらに140まで上がる。余命3~4年と言われ、ホルモン治療で70程度まで下がったが、副作用に苦しみホルモン治療も効かなくなる。入院して抗がん剤治療をするかという話の時に、水素吸引を始めたところ、週1回の吸引で2ヶ月まではマーカー数値が上がったが、週2回にして4週目から下がり始め、半年後には基準上限をはるかに下回る0.8に。1年後0.3~0.5の間を上下する状態で体調も不快感なし。